このブログについて

■このブログについて


このブログはWordPressの練習もかねて作成したブログです。
その為、無料ブログサービス(WordPress.com)を使って作成してます。
ドメインも独自ドメインではありません。

将来的にアフィリエイト情報を発信するアフィリエイトブログを作成したいと考えてます。
そのための練習用ですね。
なので、そこまでアクセス数やSEOにこだわってはいません。
将来のための勉強として運営してます。

WordPress.comは無料でブログを作成できますが、正直そこまで使いやすいブログサービスではありません。
SeesaaBlogや、FC2Blogのほうが使いやすいくらいです。

しかし、無料でWordPressを作れるのはメリットです。
WordPressの練習用として「WordPress.com」使うのであれば、ありだと思います。
WordPress未経験者は日記でも何でもいいのでWordPress.comで10日くらい練習してから、WordPressを始めるのがおすすめです。

本格的なアフィリエイトを行うなら、インストールして使うタイプのWordPressがオススメです。
当然、独自ドメインにしたほうが良いでしょう。

注意点

※無料ブログサービスのWordPress.comは、アフィリエイトが主目的のサイトだとアカウント停止になることもあります。
詳しくは、前回の記事を参考にしてください。
※インストールして使うタイプのWordPressはアフィリエイトに関しての制限はないので、好きなように運営できます。
※ただし、レンタルサーバー会社の利用規約を厳守するようにしましょう。

■広告掲載なら忍者AdMax


広告収入を得るには忍者AdMaxがおすすめです。
忍者AdMaxの広告をサイトに設置、その広告がクリックされることで収益となります。
広告タグ設置後、サイトに関連性の高い広告が自動的に配信されるので、自分で広告を選んで貼る必要はありません。
面倒な手間をかけずに誰でも簡単に広告掲載ができます。

クリック報酬型の広告では「グーグルアドセンス」が一番稼ぎやすい。と言われています。
しかし、審査が厳しく利用規約を厳守して運営しないといけません。
忍者AdMaxはアドセンスに比べると審査が簡単なので、アドセンスの規約に引っかかるか心配なサイトに忍者AdMaxを設置するのがおすすめです。

忍者AdMax

日本語ドメインってどうなの? ドメインのあれこれ

■日本語ドメインってどうなの?


ドメインには「日本語ドメイン」というものが存在します。
○○.com、○○.jp、○○.bizなどの○○の部分の所が日本語ドメイン部分です。
この日本語ドメインは、お金さえ払えば誰でも取得することができます。

日本語ドメインはトレンドブログや、特化型ブログでよく見かけます。
トレンドブログとは最新のエンタメニュース、芸能ニュース、スポーツニュース、テレビで話題になっている情報など話題になっていることを更新していくブログで、検索エンジンからの流入がメインです。
検索エンジンで検索されそうなキーワードを狙うことと、速報性、情報の品質がトレンドブログのポイントですね。

特化型とは、1つの情報に特化したブログのこと。
「クレジットカード比較」なども特化型といえますが、より1つのキーワードを狙ったのが本当の特化型です。
例えば「楽天カード」の魅力だけを伝えるサイトは特化型ブログです。
色々な商品を紹介するより、1つの商品に絞るほうが検索エンジンからヒットされやすいのです。

このようなトレンドブログや、特化型ブログではよく日本語ドメインを見かけますね?
今回は、日本語ドメインについて書いてみました。
取得を考えている方は参考にしてみてください。
記事の最後にはドメインを取得する際の注意点も書いてますので、必ずお読みください。

■日本語ドメインのメリット


・URLが日本語なので分かりやすい!
URLが日本語なので覚えられやすいです。
どのようなサイトなのか、ドメインを見ただけで一目で分かるのがポイントです。

・特化型ブログと相性が良い!
商品名を入れるのが定番。
その際、一般人やファンが作成したと分かるサイト名にすること。
○○.comではなく、○○が好き.com、○○で綺麗にダイエットcom、○○で健康生活.com、○○でお得にマイルを貯まる.com。
など、他のキーワードを組みあせましょう。
ただし、会社によっては商品名をURLに入れたり、公式サイトと間違えそうなまぎらわしいURLは禁止されている場合もあるので注意しよう。

・トレンドブログとも相性は良い!
特化型が一番だが、トレンドブログとも相性は良いほうです。
ただし、無理に日本語ドメインにする必要はない。

■日本語ドメインのデメリット


・海外向けとしては使いにくい!
日本人だけを相手にするのであれば気にしなくても問題ありません。
というより、日本語ドメインなのだから日本人だけを相手にするのは当然のことです。

・punycodeに変換される!
日本語ドメインは全てpunycodeという形式に変換されます。
日本語に見えても、実は意味不明な文章になってしまいます。
通常、このURLは見えないので基本的には気にしなくても構いません。
専門的な知識を含む項目なので割愛します。

■日本語ドメインはSEOにも効果あるの?


かつて、日本語ドメインはSEO(検索エンジン上位表示)に効果があったと言われてました。
しかしそれは、2001年から2010年頃までです。
今ではほとんど効果はないと思っても良いです。

実際にそうであるか検証はできませんが、かつては日本語ドメインにするだけで上位表示されやすいと言われていて、それに気づいた人は日本語ドメインでサイトをたくさん作成してました。
しかし近年では、全く効果がないわけではありませんが、効果がかなり薄れてきてると思います。
特に理由がなければ日本語ドメインにする必要がありません。

■まとめ


トレンドブログや特化型ブログ、分かりやすいドメインにしたい方、どうしても日本語のサイト名にしたい方は日本語ドメインにしてもいいと思います。
日本語ドメインにもデメリットはありますが、それと同じかそれ以上にメリットも多いです。

「重要なのはドメイン名」よりも、サイトの中身です。
日本語ドメインだろうが、英語ドメインだろうが、無料ドメインだろうがサイトの中身が一番大事なのは変わりません。
読者が求める情報を提供し、毎日見てもらえるようなサイト作りを心がけることが大切です。

独自ドメインを取得するなら、お名前.com
をおすすめします。
ドメイン取得できる値段は業界でもトップクラスの安さです。
.com、.jp、.tokyo、.biz、.xyz、.click、.linkなど様々なドメインを入手できます。
もちろん日本語ドメインも取得できます。

他にも中古ドメインを購入したり、レンタルサーバーの提供も行っています。
ここでドメインを取得して、他のレンタルサーバーでドメインを使う。ということも可能です。
ドメインはほとんどのレンタルサーバー会社で取得できますが、会社ごとに値段が違います。
中には同じドメインでも半額以上の値段で取得できることもあります。
ドメイン取得に悩んだら、ここで登録するのがおすすめです。



■.jpドメイン取得に関する注意


.comと並んで人気が高いのが.jpドメインです。
.jpは日本のサイトと分かりやすいので、日本人からとても人気があります。
実はこのドメインには落とし穴があります。

独自ドメインを取得すると、誰でも必ずwhoisというドメイン名登録情報検索サービスに自動で登録されてしまいます。
※無料ブログはサブドメインなので登録されない。

そこは誰でも無料でURLを検索することが可能で、本名、メールアドレス、住所などドメイン取得者の個人情報が公開されます。
「独自ドメインを取得すると個人情報がインターネットに公開されてしまうの!?」とあせった方は落ち着いてください。
ほとんどのドメイン取得会社では、「Whois情報公開代行」を利用できます。
※対応していない場合もあるので注意しよう。

ドメイン取得時にドメイン登録情報をそこの会社の情報に代えて掲載してくれます。
これにより自分の本名などの情報がばれることは無くなります。
Xserver、wpXなどはドメイン取得時に自動で代行してくれるので、自分から何かする必要はありません。
お名前.comなどはドメイン取得時に「Whois情報公開代行」を行うか選べるで、必ずチェックを入れておきましょう。

この「Whois情報公開代行」ですが、jp(.co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp)ドメインは対象外です。
正確には本名が対象外です。
他の情報は代行してくれることもありますが、本名だけは必ず公開されます。
調べてしまえばサイトの管理人の本名が誰でも分かってしまうので、個人で取得するにはかなりハードルの高いドメインです。
特に理由がなければ、.comなど他のドメインを使用しましょう。

・日本語ドメインとjpドメインは別物です!
日本語ドメインの場合でも、日本語.jpにしなければ本名が登録されません。
日本語.com、日本語.biz、日本語.infoなどは「Whois情報公開代行」を利用できるので安心してください。

■WordPressを使うには、WordPressに特化したレンタルサーバーがおすすめ


独自ドメイン&レンタルサーバーを契約するならwpXもおすすめ。
WordPress専用のレンタルサーバーで、通常のホームページとして使うことはできません。
WordPress専用なので、WordPress向けの様々な機能が備わってます。
大量のアクセスがあってもサーバーが落ちたり、重くなってなることが少ないので、トレンドブログでも安心して使えます。

wpXには、「wpXレンタルサーバー」と、「wpXクラウド」という2つのレンタルサービスがあります。
それぞれ料金や使えるサービスが異なっています。
それぞれにメリットがあるので、公式サイトの比較記事を参考にしてください。



■広告掲載なら忍者AdMax


広告収入を得るには忍者AdMaxがオススメです。
審査が簡単なコンテンツマッチ広告で、グーグルアドセンスの審査に落ちたようなサイトにも掲載可能です。
広告タグ設置後、サイトに関連性の高い広告が自動的に配信されます。
面倒な手間をかけずに誰でも簡単にアフィリエイト収入を得られます。

忍者AdMax

ブログを作るならWordPress.comをおすすめしない理由

■ブログを作るならWordPress.comをおすすめしない理由


関連記事:WordPress(ワードプレス)って何?

このブログはWordPress.comを使ってます。
WordPress.comとは、無料でWordPress形式のブログを作れるサイトのことです。
FC2ブログ、Seesaaブログとほぼ同じようなブログサービスと思って良いでしょう。

WordPressの違いについては、上記「WordPress(ワードプレス)って何?」の記事を見てください。

■WordPress.comをおすすめしない理由


●プラグインがインストールできない
WordPressの特徴であるプラグインがインストールできません。
プラグインを使えば様々なカスタマイズができるようになりますが、WordPress.comではそれができません。
WordPressはプラグインでカスタマイズできるのが特徴ですが、.comではそれができないので、「WordPress」を使う価値が半減します。

●テンプレートが限られている
インターネットで公開されているテンプレートをダウンロードして、WordPress.comにインストールすることはできません。
WordPress.comではテンプレートが複数が用意されていますが、用意されている以外のテンプレートをインストールすることはできません。

●カスタマイズできることが限られている
カスタマイズ性でいえば、FC2blogやSeesaablogよりも低いです。
かなり制限があり、カスタマイズできることは限られています。
自分好みのブログにカスタマイズできないのはかなりデメリットです。

フォントの変更などもできません。
フォント種類自体は変更できますが、文字サイズなど詳細な変更ができません。
有料プランならできますが、有料プランを使うくらいならば独自ドメイン+レンタルサーバーでインストールするタイプのWordPressを使うべきです。
わざわざ制限のあるWordPress.comで有料プランにする必要はありません。

●アフィリエイト向きではない
WordPress.comでは、アフィリエイトが主体のサイトの場合、スパムとしてアカウントが凍結される場合もあります。
この規約が少し分かりにくいです。
いわば、あまりアフィリエイト色が強いとアカウント停止になる危険性が高まる。ということですね。

自分の言葉で商品をしっかりと紹介する必要があります。
「この商品は○○です。こういう所がとても良かったです。」など、商品の説明を自分の言葉で書かないといけません。
また、紹介文と関係ない商品のリンクを貼るのもNGです。
私のブログは「忍者AdMax」を自分の言葉で紹介しているので、多分利用規約には違反してないと思いますw(不安ですが)

WordPress.comでは、JavaScriptのコードも使えないので、アドセンスなども設置できないことになります。
アフィリエイトをやる上で制限が多いので注意しましょう。
関連リンク:アフィリエイトリンク

■どんな人にWordPress.comがおすすめ?


①WordPressの練習をしたい人
WordPressを始める前に、少しでも使い方を覚えたい人はちょこっとだけWordPress.comを使うのもありだと思います。
ただし、インストールするタイプのWordPressに比べると仕様に制限があります。
別物とまではいいませんが、仕様がかなり異なるので本格的な練習にはなりません。

②日記など趣味のブログ
日記や趣味のブログであれば、WordPress.comでもいいかもしれません。
しかし、SeesaaBlogやFC2Blog、アメブロなど初心者に使いやすいブログサービスは他にもあるので、わざわざWordPress.comを利用するメリットはないと思っていいです。

③量産型サイト
とにかく、色々なブログサービスでサイトを量産したい場合にはいいかも。
ただし、WordPress.comはアフィリエイトが主目的だとアカウント停止になる可能性もあります。
JavaScriptのコードも使えないので、アフィリエイト活動はかなり制限されるので、そこには注意。
それと、同じようなサイトを量産して検索エンジンからスパム扱いされないように注意しましょう。

■広告掲載なら忍者AdMax


広告収入を得るには忍者AdMaxがオススメです。
審査が簡単なコンテンツマッチ広告で、グーグルアドセンスの審査に落ちたようなサイトにも掲載可能です。
広告タグ設置後、サイトに関連性の高い広告が自動的に配信されます。
面倒な手間をかけずに誰でも簡単に広告掲載ができます。

忍者AdMax

Kauli終了 アドセンス以外のおすすめクリック広告は?

Kauli終了


2016年6月30日に「Kauli SSP」というRTB型広告配信プラットフォームが終了します。
「Kauli」とは、アドセンスのような広告を配信しているサービスです。
Kauliに登録後、タグを設置するだけでサイトに関連性の高い広告が配信されるのが特徴です。
PV報酬、クリック報酬があり、ユーザーからの満足度も高いサービスでした。

「Kauli」と似たサービスに「グーグルアドセンス」があります。
アドセンスはクリック型の広告では一番稼げると言われてます。
アドセンスを使わずにKauliを使っている人は、おそらくアドセンスを使えない何らかの事情があるのでしょう。
今回は、「グーグルアドセンス以外のオススメ代替クリック広告」を紹介します。

グーグルアドセンス以外のオススメ代替クリック広告


「Kauli」終了に伴い、似たような広告配信サービスを探している方におすすめなのが、「忍者AdMax」です。
忍者AdMaxはアドセンスに比べると審査が簡単なのが特徴。
マルチデバイス対応(PC/スマートフォン)に対応してます。
Kauliと同じく、PV報酬とクリック報酬の2タイプの広告があります。
※どちらの広告が配信されるかは選べず、自動的に広告が選択されて配信されます。

通常サイトだけではなく、アダルトサイトにも設置です。
アドセンスよりも審査が簡単なクリック広告サービスを探している方におすすめしています。

忍者AdMax

忍者AdMaxの登録方法は?


登録方法、メリットなどは下記の記事にまとめています。

会員登録の方法
忍者AdMaxの広告の貼り方は?おすすめサイズは?
忍者AdMaxのメリット

まとめ


クリック広告界では、アドセンス一強と言われてます。
またしても、「Kauli」というライバルの一つが消えてしまいました。
2009年より運営していたので、6年間ほど頑張っていたことになります。
忍者AdMaxが後を引き継いで、アドセンスに負けずに頑張って欲しいですね。

WordPressを使ったトレンドブログで独自ドメインは必要?

WordPressを使ったトレンドブログで独自ドメインは必要?


今回はWordPressを使ったトレンドブログ(トレンドアフィリエイト)で独自ドメインは必要かを考えました。
WordPressでトレンドブログを始めてみたい!という方は、始める前にまずはこれを見て参考にしてください。

 

■無料ブログでトレンドアフィリエイトは駄目?

無料ブログでのトレンドアフィリエイトは効果が薄いです。
無料ブログとは、「Seesaaブログ」、「FC2ブログ」などのことです。
WordPressを無料で作成できる「https://wordpress.com/」も無料ブログのカテゴリに入ります。

もちろん無料ブログで稼いでいる人もたくさんいます。
しかし、サーバー移転が大変だったり、もしアクセスが増えて独自ドメインを取得したくなった場合も、かなり大きな手間がかかります。
SEO的にも、サブドメインで表示される無料ブログよりも独自ドメインのほうがメリットが高いです。
もし、本格的にアフィリエイトで収益を上げたいのであれば、独自ドメインの取得を考えてください。

■アフィリエイト初心者は無料ブログを

アフィリエイトの経験があまりない方は、無料ブログから初めるのが良いと思います。
記事の書き方、記事の投稿方法、画像の投稿方法など無料ブログでできることを一通り練習しておきましょう。
独自ドメインを取得するのはそれからでも遅くはありません。

■独自ドメインでWordPressのサイトを始めるには?

独自ドメインでWordPressのサイトを始めるには、独自ドメイン取得とレンタルサーバー会社との契約が必要です。
無料でWordPressが使用できるレンタルサーバーもありますが、アクセスが多いとサーバーが重くなったり、広告が自動で表示されたりするので、有料でレンタルサーバーを借りるのがおすすめです。

トレンドブログの場合、投稿した記事によっては急激にアクセスが増えることもあるので、無料サーバーとの相性は非常に悪いです。
アクセス過多になるとほぼ確実にサーバーダウンするので、有料サーバーでの運営をおすすめします。

ほとんどの会社では、レンタルサーバーを借りるときに一緒に独自ドメインも取得できます。
管理が楽ですし、面倒な手間がはぶけるので、独自ドメイン取得と有料レンタルサーバー取得は同時に行ったほうがいいです。
少しでも安く済ましたい場合は、この限りではありません。
ドメイン取得とレンタルサーバー契約は別々の会社にするのでもOKです。
※レンタルサーバー契約時に、他の会社で取得したドメインを使えるか確認しておくこと。

■WordPressを使うには、WordPressに特化したレンタルサーバーがおすすめ

私がイチオシしてるのが、wpXというレンタルサーバーです。
WordPress専用のレンタルサーバーで、通常のホームページとして使うことはできません。
WordPress専用なので、WordPress向けの様々な機能が備わってます。
大量のアクセスがあってもサーバーが落ちたり、重くなってくることも少なく、アクセスが多いサイトを作りたい!という人でも安心して使うことができます。

wpXには、「wpXレンタルサーバー」と、「wpXクラウド」という2つのレンタルサービスがあります。
それぞれ料金や使えるサービスが異なっています。
それぞれにメリットがあるので、公式サイトの比較記事を参考にしてください。



■独自ドメインを取得する上でのメリット


●SEO対策
Googleでは、検索結果の上位1ページ内に表示するコンテンツに「同じドメイン内のページを2つ以上表示させない」という制限があります。
例えば、「アフィリエイト 稼ぎ方」と検索したとします。
貴方と同じ無料ドメイン(ブログ)のサービスを利用している人が上位(1ページ目)に表示されていた場合、貴方のサイトが同じページに表示されない可能性があります。

※可能性が高くなるだけで、必ずしもそうではありません。
※評価が高ければ、上位1ページに同じ無料ドメインが2つ以上登録されることもある。

●サイトがなくならない
サイトがなくならないことが一番のメリットです。
無料ドメインだと、もし運営している会社が倒産したり、ブログ(ホームページ)の提供をやめてしまうと、貴方のサイトも消滅してしまいます。
利用規約に違反したり、アクセス過多でサーバーに負担をかけてしまうと、アカウント停止になる可能性もあります。
無料ドメインの場合、これが一番のデメリットです。
独自ドメインの場合は、もしそうなっても他の会社のレンタルサーバーに移行したり、より品質の高いサーバーと契約することでサイトを継続できるので、サイトが消失するリスクが無くなります。

●サーバー移転でアドレス変更することなく移転できる
独自ドメイン+レンタルサーバーならば、サーバー移転の際にアドレスを変更することなく移転することができます。

例えば私のサイトの場合、「wordpress」で無料ブログを運営してます。
https://admaxblog.wordpress.com/ がサイトURLです。
このURLを他のレンタルサーバーで使うことはできません。
もし移転したい場合は、独自ドメインを取得するか、記事をエクスポート(保存)して、他の無料ブログに記事をインポート(取り込む)する必要があります。

どちらにしてもhttps://admaxblog.wordpress.com/のURLは消滅します。

ですので、相互リンク先、ランキングサイト、ASPなどに登録してあるURLも変更しないといけません。
これが非常に面倒な作業になります。

URLが変更になったことで、検索エンジンからも一時的に評価が下がります。
記事をそのまま引越し先に取り込む場合、コピペ/重複と見なされてスパム扱いされる危険性もあります。
コピペ/重複扱いされないように、移転しないといけません。
その方法を調べて慎重に移転しないといけず、これも非常に面倒で手間がかかります。

独自ドメインを取得してレンタルサーバーを移転する場合、移転直前のデータを移転後のサーバーでそのまま使えるので、スパム扱いされることはありません。

●モチベーションアップに繋がる
有料で運営する以上、費用以上に稼がなくてはいけません。
それがモチベーションアップとなります。
無料ブログだとどうしても更新をサボりがちになりますが、有料ならば「費用以上に稼ぐ!」という気持ちが働いて、更新へのモチベーションアップに繋がります。

■独自ドメインを取得する上でのデメリット


●お金がかかる
独自ドメイン取得にも、有料レンタルサーバー契約にもお金がかかります。
もし、そのお金以上にアフィリエイト収入を得ることができればいいですが、そうでなければ完全に赤字です。
もし毎月2000円費用がかかったとして、毎月500円しかアフィリエイト収入を稼げなければ1500円の赤字になります。
しかし、このような費用を気にしていたのではアフィリエイトで稼ぐことはできません。
みんな必ず最初は赤字から始まります。
そこからアフィリエイトで収益を上げていく人が成功する人です。

■広告掲載なら忍者AdMax


広告収入を得るには忍者AdMaxがオススメです。
審査が簡単なコンテンツマッチ広告で、グーグルアドセンスの審査に落ちたようなサイトにも掲載可能です。
広告タグ設置後、サイトに関連性の高い広告が自動的に配信されます。
面倒な手間をかけずに誰でも簡単に広告掲載ができます。

忍者AdMax

成功報酬型とクリック報酬型のメリット・デメリット

忍者AdMaxはどんな広告なの?で紹介した、広告タイプからいくつかのメリットを今回は紹介したいと思います。

新たなアフィリエイトビジネスを始めたい方は参考にしてみてください。

 

・成功報酬型&情報商材型


「成功報酬型」とは、貼り付けた広告を経由して、商品が購入されたり、会員登録したり、カードを発行したりすることで収益となる広告のことです。

 

■メリット

商品が売れたときの単価がクリック報酬型より高いことが一番のメリットです。

どれくらいの単価があるかは広告の種類によって異なります。

1件数百円から中には1件1万円以上の収益になることもあります。

カードローン、クレジットカード、FX、、保険などは単価が高いですが、その分発行/登録してくれる確立が低くライバルも多いので、アフィリエイト初心者が売り上げを獲得するのは相当ハードルが高いと思われます。

■デメリット

商品を売るには文章力やSEO対策が必要です。

どんないい文章力があっても、サイトアクセスがなくては誰も見てくれません。

サイトのアクセスがあっても、文章力がなくては誰も購入してくれません。

紹介した商品をみんなが買いたくなるような文章力が必要です。

※会員サイトなら会員登録、カード系ならカード発行したくなるような文章力。

 

まずはコピペではない良質な記事を増やしていきましょう。

そうすれば自然とアクセスも増えてくるので、売り上げアップに繋がります。

とにかくすぐには諦めずに、何ヶ月も続ける根気が必要になります。

 

・クリック報酬型


「クリック報酬型」とは、広告がクリックされれば収益が発生するタイプの広告のことです。

とりあえずサイトに張っておけば、後はクリックさえされれば収益となるので、初心者にも扱いやすい広告です。

クリック報酬型(アドセンスや忍者AdMaxのこと)は、サイト内容に関連した広告が自動で配信されるので、サイトジャンルに関係なく広告を貼ることができます。

 

■メリット

趣味のような記事を書いてだけで、収益を発生させるのが強みです。

例えばトレンドブログ(エンタメブログ)。

 

芸能ニュースでも、アイドルニュースでも、スポーツニュースでも、ゲームでも漫画でもアニメでもOK。

アフィリエイトやビジネス情報、インターネット情報でもOKです。

忍者AdMaxならばアダルトサイトにも設置できるので、アダルト系のニュースをまとめたトレンドブログでもOKです。

 

上記のようなブログだと成功報酬型で収益を上げていくのは難しいです。

ニュースや興味のあること、話題になってることを記事として取り上げていくので、商品を紹介することができないからです。

このようなトレンドブログの場合は、クリック報酬型の広告を掲載するのが一般的です。

クリック報酬型の場合、サイトの内容に合った関連性の高い広告が配信されるので、良質な記事を書いてアクセスが増えていけば、自然と広告がクリックされていく。というわけです。

トレンドブログの場合、サイト閲覧者が楽しめるネタ、知りたい情報、役立つ情報を確実に伝えていくことが重要になります。

 

2chブログなどもトレンドブログに近いです。

2ch系のブログも、成功報酬型ではなく、クリック報酬型の広告を掲載するのが一般的です。

Amazonなどの成功報酬型の広告を掲載することも多いですが、多くのサイトの場合、アフィリエイト収益のメインはクリック報酬です。

クリック報酬がメインで、成功報酬型の広告は副収入的な扱いです。

 

また、普通の日記ブログなど、どのような広告を掲載すればいいか分からないサイト(ブログ)にもクリック報酬型をおすすめします。

 

■デメリット

1クリック数円~数十円、高くても100円程度と単価が低いのがデメリットです。

1クリック10円の場合、100回クリックされても1000円にしかなりません。

クリック報酬型のクリック率は良くても1%程度です。

1日アクセスが10000回あったとしても、1%で100クリックで単価10円=1000円にしかなりません。

もちろんクリック率やクリック単価は変動するので、上記はあくまで目安です。

1日かなりのアクセス数がないと、安定した収入を稼ぐのは難しいでしょう。

 

■クリック報酬型の注意点

クリック報酬型として一番有名な「グーグルアドセンス」は利用規約や審査が厳しめなことで有名です。

作りたてでコンテンツ不足なサイトには掲載できません。

アダルト、お酒、カジノなどの年齢制限のあるコンテンツを掲載したサイトもNGです。

芸能人の画像など著作権を無視した画像、水着などのR15な画像はグレーゾーンです。

未成年の水着画像などは完全にNGなので要注意です。

 

大手サイトの場合だと黙認されている場合もありますが、やはり危険な行為と言えるでしょう。

アカウント停止になるとその日から収入0になるので、終わりといってもいいです。

最近では即刻アカウント停止になることは少なくなりましたが、規約の厳しいアドセンスは慎重に扱わないといけません。

 

当サイトで紹介してる「忍者AdMax」は、アドセンスに比べて規約が優しいことで有名です。

アダルトサイトにも設置できるほど、審査が優しいのが特徴です。

アドセンスの規約に引っかかるか不安なサイトや、作りたてでコンテンツ不足なサイトは忍者AdMaxを掲載するのがおすすめです。

 

「規約にひっかかる心配がないサイトはアドセンスで、不安があるサイトは忍者AdMaxで。」

とサイトごとに使い分けるのが安全策だと思います。

 

※忍者AdMaxにも利用規約はあるのでよく確認しておきましょう。

※クリック報酬型は自分で広告をクリックしたり、クリックを誘導する行為は厳禁なのでそこには注意しましょう。

 

忍者AdMax

忍者AdMaxはどんな広告なの?

忍者AdMaxについて、今回はどのような広告なのか紹介したいと思います。

合わせて、アフィリエイト広告の種類についても(簡単に)お話したいと思います。

 

成果報酬型


貼り付けた広告を経由して、商品が購入されたり、会員登録したり、カードを発行したりすることで収益となる広告です。

アフィリエイトでは一般的な広告です。

A8.net、リンクシェア(APSAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、DMMアフィリエイト(自社APSなどがこのタイプの広告になります。

※例としてあげただけで、上記以外にもたくさんのASPが存在する。

 

■APS

A8.net、リンクシェアの場合は、自分で好きな企業の広告を選んで、その広告をアフィリエイターが紹介する形になります。

A8.net、リンクシェアという会社が胴元で、広告掲載したいオーナー(会社)を胴元が募集します。

そして、アフィリエイターはたくさんあるオーナー(会社)から好きな広告を選んで、その広告をサイトに掲載する形になります。

各社ごとにアフィリエイトサービスを始めても情報流失やアフィリエイトシステムの開発など面倒でお金のかかることが多いので、ほとんどの会社は自社でアフィリエイトをやらずに、A8.netやリンクシェアなどを通じて広告を配信してます。

会社ごとに審査が必要な場合と、審査不要で広告掲載できる場合あるので、広告を選ぶ前によく確認しておきましょう。

 

■自社APS

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、DMMアフィリエイトの場合は、自社の商品や動画をアフィリエイターが紹介する形になります。

大手企業(一部中小企業も)は自社でアフィリエイトシステムを開発して、それをアフィリエイターに提供している場合が多いです。

A8.net、リンクシェアと比べると、胴元を経由するかの違いだけで、他の違いはありません。

 

情報商材型


アフィリエイト初心者には敷居が高めなので、なれるまでは無視してもいい項目です。

 

基本は成功報酬型の広告と同じ。

成功報酬型の中に、情報商材アフィリエイトというジャンルがある。と覚えたほうが分かりやすい。

インフォトップなどが情報商材型です。

インフォトップとは、簡単に言うなら役立つ情報やスキル、有料メルマガ、アフィリエイトの稼ぎ方、ダイエット術などの「情報」を販売しているサイトのことです。

その情報商材をアフィリエイターが紹介し、そこから売り上げが発生すると貴方の収益となるわけです。

成功報酬型と同じタイプですが、商品ではなく情報を売るのが情報商材型アフィリエイトの特徴です。

 

クリック報酬型


Google Adsenseや忍者AdMax、アイモバイルなどがクリック報酬型の広告です。

コンテンツマッチ広告や、コンテンツ連動型広告、クリック保障広告とも呼ばれることが多いです。

サイトに広告のタグを掲載すると、サイトに関連性の高い広告が自動で配信されるのが特徴です。

自分で広告を選んで貼る必要はなく、サイトに広告のタグを貼るだけで、後は自動で広告を選んで配信してくれます。

 

この広告タイプは、広告がクリックされるごとに収益が発生します。

1クリック数円~数十円が基本報酬です。

クレジットカード、ローン、保険などの場合、1クリック100円以上になる広告もありますが、これはまれです。

配信される広告は選べないので、クリック単価が高い広告だけを出す。ということは基本的にはできません。

 

昔はマイクロアドなどコンテンツマッチ広告を提供する会社が複数ありました。

しかしコンテンツマッチ広告の業界はグーグルアドセンス一強です。

グーグルアドセンスに敗れて、撤退した会社が多いです。

現在では忍者AdMaxが頑張ってはいますが、グーグルアドセンスに真っ向から勝負できる会社はないと思っても良いと思います。

 

■クリック報酬型の注意点

クリック報酬型の広告は、自分で広告をクリックしたり、広告のクリックを誘導したり、相互クリックする行為は固く禁じられているので絶対にやめましょう。

誤クリックしそうな位置に広告を掲載するなど、まぎらわしいことも禁止されているので注意しましょう。

 

インプレッション報酬型


広告が表示された回数に応じて報酬が発生するタイプ。

単価はかなり低く、1000回広告が表示されても、収益は数円~数十円程度。

しかしながら、広告が見られるだけで収益になるのは大きなメリットです。

インプレッション報酬型は貼っておけば、訪問者がいる限り収益にはなるので、確実に収益を上げたい人や一日の訪問者が多い方におすすめの広告です。

 

リンク:忍者AdMax

忍者AdMaxにはクリック報酬型とインプレッション報酬型の2種類があり、このどちらかの広告が自動で配信されます。

どちらかを自分で選ぶことはできません。

 

紹介報酬型


2ティア制とも呼ばれるタイプの広告です。

ポイントサイトでは定番なので、ポイントサイト利用者には分かりやすいと思います。

モッピーや、予想ネットなどのポイントサイトが有名です。

 

例えば貴方がAというポイントサイト(もしくはASP)に登録していたとします。

友達(もしくはホームページやブログを訪問してくれた方)にそこのサイトを紹介しました。

そして、その友達が、貴方が紹介したURLから会員登録してくれました。

すると、その友達が稼いだ報酬の一部が、貴方にも還元される。という仕組みです。

 

還元率はサイトによって異なります。

5パーセント程度の場合もあれば、中には50パーセント以上還元してくれる所もあります。

友達が稼いだ分だけ貴方に報酬が発生するので、たくさんの紹介者を獲得すれば、それだけ自分にも還元される。というわけです。

 

サイトによっては、2ティアではなく3ティアを採用している所もあります。

「親ー子ー孫」という形で、孫の稼いだ一部の報酬が親にも子にも還元されます。

3ティアはかなり稼ぎやすいですが、最近では採用しているサイトも少なくなってきました。

 

紹介報酬の場合、登録してくれたけど1円も稼いでくれなかったり、登録したまま放置。ということもめずらしくありません。

どれだけ紹介者を増やしても、その人が稼いでくれないと報酬が0円のままなのが、紹介者制度のデメリットです。

しかし、頑張って稼いでくれる人を紹介できれば、それだけでかなりの収入になることも。

 

ちなみに、忍者AdMaxにも紹介者制度があります。

「忍者AdMaxFriends」というサービスです。

忍者AdMaxに登録すれば、すぐに「忍者AdMaxFriends」も利用可能になります。

 

「忍者AdMax」が、クリック報酬型の広告を貴方のサイトに掲載できるサービス。

「忍者AdMaxFriends」が、紹介者制度を紹介できるようになるサービス。

こう覚えれば分かりやすいでしょう。

 

まとめ


今回の記事では

・成果報酬型
・情報商材型
・クリック報酬型
・インプレッション報酬型
・紹介報酬型

という5つの広告のタイプを紹介しました。

上記以外にもアフィリエイトのタイプはありますし、今回は簡単に説明しただけです。

どのような広告の種類があるのか把握しておけば、アフィリエイトを始める上で必ず役立つ知識となるはずです。

今後、広告タイプごとのメリットなども紹介できればと考えているので、楽しみにお待ちください。

 

忍者AdMaxのメリット


先ほど、「クリック報酬型」の中でグーグルアドセンスと忍者AdMaxを紹介しました。

一番稼ぎやすいのはグーグルアドセンスで間違いありません。

しかし、グーグルアドセンスは審査が厳しいことで有名です。

出来立てのサイトや、コンテンツ不足なサイト、アドセンスの利用規約に違反したようなサイトでは審査に受かるのは難しいでしょう。

また、審査に受かったとしても利用規約を守りながらサイト運営しないといけません。

 

著作権にも厳しいので、芸能人の画像を多く使用したトレンド系や芸能ニュース系のブログとも相性が悪いです。

女性の水着などもアドセンスではグレーゾーンなので危険です。

 

しかし、私が紹介している忍者AdMaxはアドセンスに比べて利用規約が優しいのが特徴です。

・よほどコンテンツ不足でない限りは広告の設置ができます。

・アダルトサイト(日本の法律厳守)にも設置可能です。

・著作権などにもアドセンスほど厳しくはありません。

・作りたて(コンテンツ不足)の2ch紹介ブログなどにもおすすめ

 

アドセンスを設置できるか不安なサイトであれば、忍者AdMaxを掲載するメリットは充分にあると考えて良いと思います。

アドセンスをメインにしてるけど、(すぐには使わずに)アドセンスで何か問題があったときの保険として登録しておく。というのでも良いと思います。

クリック保障型の広告を探している方は、忍者AdMaxという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

※なお、忍者AdMaxにも利用規約はありますので、登録後は必ず一度読んでおきましょう。

 

忍者AdMax